青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム JAの概要

JAの概要

もっとJAを知ってほしい

JAとは、Japan Agricultural Cooperatives(日本の農業協同組合)の略で、農業協同組合のイメージを象徴する愛称として1992年4月から使用しています。
 JAは、人々が連帯し、助け合う「相互扶助」の精神をもとに、農家組合員の農業経営・技術指導や生活に必要な資材の共同購入を行ったり、農畜産物を共同で販売したり、農業生産や生活に必要な共同利用施設の設置などを行っています。
 また、貯金の受け入れや融資を行う信用事業や、万一の場合に備える共済事業など、さまざまな事業・活動を行っています。近年では、高齢者福祉活動や学童農園の支援、ファーマーズマーケットなど、地域社会とのつながりを強める活動に取り組んでいます。
 JAの組合員資格には、正組合員(農家)と准組合員があります。農家でない方でも、それぞれのJAで定めた加入手続きに従い、准組合員として資格を得て、さまざまな事業を利用することができます。

Each for All All for One
私たちは、地域農業の振興を通じ、環境・文化・福祉へ貢献します。

logo

中央会とは?

 中央会とは、1954年に農業協同組合法上の特別認可法人として設立されてきましたが、同法の改正を受け、2019年に全国農業協同組合中央会は組織形態を「一般社団法人」へ、都道府県中央会は農業協同組合法上の任意組織として「農業協同組合連合会」へ組織変更しました。
 組織変更後の都道府県中央会は、JA・連合会などを会員に、地域農業の振興、農業協同組合運動の発展及び会員の健全な発達に貢献し、組合員の経済状態の改善及び社会的地位の向上に寄与することを目的とし、その目的を達成するため事業を行っています。
 また中央会は、農業協同組合の結集軸として、代表機能・総合調整機能・経営相談機能を持ち、協同組合原則にもとづき運営されています。
 

 

JA綱領

-わたしたちJAのめざすもの-

わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合運動の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。そして、地球的視野に立って環境変化を見通し、組織・事業・経営の革新をはかります。さらに、地域・全国・世界の協同組合の仲間と連携し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。
このため、わたしたちは次のことを通じ、農業と地域社会に根ざした組織としての社会的役割を誠実に果たします。

わたしたちは

1.地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ろう。
1.環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築こう。
1.JAへの積極的な参加と連帯によって、協同の成果を実現しよう。
1.自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し信頼を高めよう。
1.協同の理念を学び実践を通じて、共に生きがいを追求しよう。

 

:: ホーム JAの概要