青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム トピックス一覧

トピックス

イベント情報などトピックスを掲載します

◎メッセージ付きフラワーアレンジメント贈呈 県産花きの消費拡大へ(5/19)

    

 

 

 JAグループ青森は、新型コロナウイルスの影響により需要が低迷している県産花きの消費拡大をはかるため、JAグループと取引のある観光業や飲食業、関係団体に対し「がんばろう」のメッセージを付けたフラワーアレンジメントを贈る取り組みを始めた。
 観光客の減少・外出自粛等により休業を余儀なくされているホテルや飲食店のほか、関係団体など112団体に対し5月12日より実施。現在休業中の店舗などには営業再開に合わせて順次贈呈する。
 フラワーアレンジメントにはアルストロメリア、ヒマワリ、スナップなど、現在出荷を迎えている県産花きを使用。日頃お世話になっている取引先への感謝の気持ちを込め、プレートには「かんばろう」のメッセージを入れた。
 5月19日、JAグループ青森四連の阿保直延会長と、酒井一由副会長が贈呈先の「アートホテル青森」を訪れた。阿保会長は「この取り組みにより、県内の花きの栽培農家に加え、観光業・飲食業など、新型コロナウイルスにより影響を受けた多くの方々を応援したい」と話した。
 贈呈を受けたアートホテル青森宿泊マネージャーの佐藤亜希子さんは「色鮮やかなお花で、ロビーが明るくなった。ホテルを利用されるお客様にも、ぜひ笑顔になって欲しい」と話した。
 また、県農協会館在館職員を対象とした県産牛乳購入運動も3月25日から実施している。
 写真=贈呈したフラワーアレンジメントと、阿保会長(左)、佐藤さん(中央)、酒井副会長(5月19日、青森市にて)

 

0519
:: ホーム トピックス一覧