青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム トピックス一覧 ◎JA広報強化研修会開催(7/13)

◎JA広報強化研修会開催(7/13)

 
JA青森中央会は7月13日、青森市の県農協会館でJA広報強化研修会を開いた。JAの常勤理事、参事、広報担当部課長ら約30人が出席した。
昨年開いたJA青森県大会で消費者に対しての「情報発信力の強化」を確認したことから、JA自ら発信することと地元の報道機関に積極的にアピールすることが大事であるとして今回初めて研修会を開いた。
研修会では(一社)JC総研・企画総務部の元広菜穂子部長(写真左)が「JAにおける戦略的な広報展開」というテーマで講演し「広告」と「広報」の違い広報にはトップの情報発信力と地道に丁寧に理念を組織内外に伝えることが大事だとした。さらに全中が毎年行っている「JAに関するアンケート」によると「JAマーク」は96%の人が認知しているにもかかわらず、「事業活動を知っている」人は50%しかいないということで、まだまた国民に対する理解を求める広報が必要だとした。
また、㈱日本農業新聞・編集局の田宮和史郎局長(写真右)が「農政・農協改革と情報発信の必要性について」というテーマで講演し農協改革の現状を踏まえ、どんなにいいことをしていても外部に伝わなければ存在しないのと同じだとして、JAの事業・自己改革を組合員・地域住民・マスコミ等に「見える化」することが大事だとした。
最後に、各JAに対して「広報戦略」の作成をお願いし、JA青森中央会としては今後「JAグループ青森の広報戦略」を策定する予定。

2016.07.13.02 2016.07.13.01
:: ホーム トピックス一覧 ◎JA広報強化研修会開催(7/13)