青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム トピックス一覧 ◎第42回青森県JA青年大会開催(12/2)

◎第42回青森県JA青年大会開催(12/2)

  

 青森県農協青年部協議会(JA青森県青協)は12月2日、第42回青森県JA青年大会を青森市で開き盟友ら約100人が出席した。JA青年組織活動実績発表では、JAゆうき青森青年部の原田憲人さん(写真 右)、JA青年の主張発表では、JA相馬村青年部の今佑介さん(写真 左)が最優秀賞に選ばれた。2人は、来年1月17日に札幌市で開かれるの東北・北海道地区JA青年大会に県代表として出場する。
 活動実績発表で「故郷を愛する心~葉つきこかぶが伝えたこと~」という題で発表した原田さんは、ゆうき青森の青年部・野辺地地区の「野辺地葉つきこかぶ」への取り組みについて発表した。こかぶの名称は2011年に地域団体商標登録されたが、地元小学校では1994年から食育活動を行っていて、青年部か関わってきたことを発表。食育活動をする意味、大事さをだんだん理解して食育活動の方針をまとめ、初めて明確な目的ができたとしたことが評価された。
 また、青年の主張発表で「I have a dream」という題で発表した今さんは、農家でない自分が農業法人に就職したことで農業を知り、青年部を知り、青年部と話をするうちに農家を継いだ盟友の将来像を聞き羨ましく感じたこと。そして農業の好きな若者を集めて自分たちで作ったリンゴを、多くの人に届けられるような農園の設立を夢見るようになり、夢の実現に向け頑張っていることが評価された。
 JA青森県青協の神浩之委員長は、「青森県の代表として、堂々と発表して欲しい」と話し、2人にエールを送った。
 大会では、TPP「TPP交渉ならびに農協改革に関する特別決議」を満場一致で決議し終了した。
   

2016120201
:: ホーム トピックス一覧 ◎第42回青森県JA青年大会開催(12/2)