青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム トピックス一覧 ◎需要に応じた生産の推進キャラバン開催(2/14)

◎需要に応じた生産の推進キャラバン開催(2/14)

   

 農林水産省と青森県は2月14日、青森市の県農協会館で「需要に応じた生産の推進キャラバン」を開いた。
 これは、30年産米から行政による主食用米の生産数量目標が廃止されることに伴い、同省が全国で実施している説明会の一環で、JA青森中央会、JA全農あおもりの関係者16人が出席した。
 同省からは、30年産以降も水田活用の直接支払交付金により水田フル活用を支援する旨の説明がなされた。(写真 左上)
 この説明に対して、JA青森中央会農業対策部一戸部長は、29年産で終了する「米の直接支払交付金」の714億円を使って、飼料用米等の交付単価をグリップしてほしいと要望した。

  

2017021401 2017021402
2017021403 2017021404
:: ホーム トピックス一覧 ◎需要に応じた生産の推進キャラバン開催(2/14)