青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム トピックス一覧 ◎青森県栄養教諭・学校栄養職員向け調理実演会開催(2/24)

◎青森県栄養教諭・学校栄養職員向け調理実演会開催(2/24)

   

 JA青森県青協が推薦したJA津軽みらい黒石地区青年部の佐藤拓郎部長(写真 左)が2月24日、青森県内の栄養教諭及び学校栄養職員ら51人にお米についての講演と、参加者との意見交換を行った。
 お米は鮮度が大事という佐藤さんは、玄米にした後すぐに精米し、それを真空パックして保管いるといい、鮮度へのこだわりを力説した。精米後の劣化を気にする人は多いが、玄米にした後の劣化をそれ以上に気にする必要があるとして、納入業者にどのように保管しているのか確認してみてはどうかと話していた。
 講演前には、青森市の「津軽割烹 未来」の吉川未来さんによる「ごはんがすすむ夏の和食献立」の調理実演会も開き、津軽の伝統料理「ササゲ炒め」のほか地元の夏野菜を使ってできる料理のコツについて学んだ。
 試食では佐藤さんが作った「青天の霹靂」の真空パックを炊き、調理実演会で学んだ3品をみんなで味わい、いつもの給食とは違う味に感心して、是非今日学んだコツを生かして子供たちに美味しい給食を作ってあげたいと話していた。

 

  

201702241 201702242
:: ホーム トピックス一覧 ◎青森県栄養教諭・学校栄養職員向け調理実演会開催(2/24)