青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム トピックス一覧 ◎青森県農業労働力不足対策協議会設置(5/16)

◎青森県農業労働力不足対策協議会設置(5/16)

  

 

 青森県は農業分野における労働力不足を解消するため、青森県農業労働力不足対策協議会を設置。5月16日に第1回協議会を開き、労働力不足の実態把握調査の内容を検討した。
 青森県では、農業就業人口の減少や高齢化、働き方の多様化により、農業分野の労働力不足が深刻な問題となっている。同協議会ではJA・関係機関と行政が連携を図りながら実態把握を行い、その結果を踏まえ、労働力不足の解消に向けた対策について検討する。
 県農林水産部団体経営改善課の齋藤勉課長は「関係者が一丸となってオール青森で取り組んでいく。JA・関係団体と連携を深め、今後の対策について協議し、必要な対策を講じていきたい」とあいさつした。
 協議会には構成員である県内各JA、JA青森中央会、JA全農あおもり、(一社)青森県農業会議、青森県内の市町村などの担当者約35名が出席。出席者からは、「実態把握調査は労働力確保対策を検討する上で必要不可欠である。現状をしっかり把握し、農家の要望に応じていくべき」などの声があった。
 同協議会では今後本日の意見を踏まえ調査票を作成し、県内各JAに調査を委託。6月から販売農家を対象に実態調査を行い、9月にとりまとめた調査結果の検討を行う。

   

 

2017051601 2017051602
:: ホーム トピックス一覧 ◎青森県農業労働力不足対策協議会設置(5/16)