青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム トピックス一覧 ◎プレスツアー(7/20)

◎プレスツアー(7/20)

 

 

 JA青森中央会は7月20日、県内報道機関を対象に、JA八戸でプレスツアーを開いた。報道機関3社4人が参加。プラム産地を視察し、JAの支援によって農家数が増えているなど、JAによる農業振興の成果を紹介した。
 JA三戸営農センターの水梨利己センター長の案内で選果施設を見学。プラム・プルーン専門部の越後敏浩部長を交えて意見交換会を開いた。
 参加者は、JA八戸のプラム・プルーン専門部会の会員数は約100人で、苗木購入の助成や共同選果で農家の負担を減らし、会員数が増えているなどの説明を受けた。平成27年度は販売額1億円を突破し、過去最高となったことも紹介した。
 主力品種の「大石早生」が現在出荷ピークで、今後「ソルダム」「秋姫」などが始まり10月上旬まで続き、今年からは「サマーエンジェル」の出荷が始まることも説明した。
 参加者からは、29年度の作柄や今後の課題などについて質問があった。越後部長の園地で、プラムの収穫時期や新たに栽培している品種の説明を受けた。

 

 

 

 

2017072001 2017072002
:: ホーム トピックス一覧 ◎プレスツアー(7/20)