青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム トピックス一覧 ◎認知症サポーター養成講座(8/18)

◎認知症サポーター養成講座(8/18)

   

 JA青森中央会は8月18日、青森市の県農協会館で認知症サポーター養成講座を開いた。JA青森中央会、JAバンク青森、JA全農あおもり、JA共済連青森他2団体から職員約80人が出席。認知症についての基礎知識や対応について学んだ。
 JAグループ青森は第27回JA青森県大会で「地域活性化への貢献力発揮」を決議。高齢者支援対策として、日常活動を通じて取組が可能な「高齢者見守り活動」と「認知症への理解促進活動」に取組むこととしている。また、7月14日には青森県、JA青森中央会、県漁業協同組合連合会、県森林組合連合会、県生活協同組合連合会が「高齢者等地域見守りに関する協定書」を締結。JAグループ青森として認知症サポーターの養成を進めるとした。
 講座では青森市おおの地域包括支援センターの職員が「認知症を正しく理解しよう!」と題し、講演を行った。「認知症は誰もがかかる可能性のある病気。認知症サポーターは、なにか特別なことをする人ではなく、正しい知識をもって認知症の方やその家族に対し適切に対応すること」と話し、認知症の症状や治療、接するときの心構え等について説明した。
 グループワークでは認知症の人への対応について話し合い、講座終了後、認知症サポーターの証しの「オレンジリング」を受け取った。
 

 

2017081802 2017081801
2017081803 2017081804
2017081805 2017081806
:: ホーム トピックス一覧 ◎認知症サポーター養成講座(8/18)