青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム トピックス一覧 ◎りんごの知識を深める(2/6)

◎りんごの知識を深める(2/6)

 

  

 JAグループ青森は2月6日、食の大切さや農産物の生産現場におけるJAの果たす役割への理解促進と、県産リンゴのPRを目的に、弘前市内で東奥日報社の女性倶楽部(くらぶ)「女子○(ジョシマル)」を活用したイベント「りんごづくしツアーin弘前」を開いた。参加者20人はリンゴ施設の見学や、県内の女性農業者との交流を通じて、農業やJAへの理解を示した。
 参加者らはJAつがる弘前を訪れ、2017年9月に本格稼働した県内最大のりんご施設「河東地区りんご施設」を見学。1日最大6400箱(20㌔原箱)のリンゴを選果できることや、出荷直前まで鮮度を保ち消費者へより新鮮なリンゴを届けることが可能となった冷蔵貯留ラインなど、リンゴの選果から出荷までを見学した。
 弘前市内の洋菓子店「ボンジュール泉野店」では、県内でリンゴを生産する女性農業者がリンゴづくりに対する自らの想いを語った。
 また、JAつがる弘前、JA相馬村、JA津軽みらいが提供した紅玉・ジョナゴールド・サンふじの3種類のリンゴを使ったアップルパイの食べ比べをしながら、交流を深めた。

201902061 201902062
201902063 201902064
:: ホーム トピックス一覧 ◎りんごの知識を深める(2/6)