青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム トピックス一覧 ◎新採用職員フォロー研修会(1/22)

◎新採用職員フォロー研修会(1/22)

  

 JA青森中央会は1月22日、青森市の県農協会館で、採用後2年以内の職員を対象とした新採用職員フォロー研修会を開いた。県内JA・連合会から約50人が参加し、協同組合の理念や役割を再確認し、職場でのチームワークや自己管理の必要性について学んだ。
 日本協同組合連携機構の文珠正也主任研究員(写真:左上)が「協同組合の理解と今後の方向」と題し、協同組合理念やSDGsにおける協同組合の役割について説明。文珠主任研究員は、「協同組合はSDGsの『誰も取り残さない』という原則をすでに体現している。169のターゲット(具体目標)を確認し、協同組合の職員として、自分たちの事業でサポートできることがないか考え、協同組合に働く職員として役割を果たしてほしい」と話した。
 ㈱セミナー東北専任講師の大竹辰也さん(写真:右上)は「職員ステップアップ講座」と題し講演。参加者は「組織の中でどんな人間になりたいか、どんな仕事をしたいか」をテーマにグループ討議を行った。大竹さんは、「今日のキーワードは『考える』。組合員にとって何が一番大切か、自分に置きかえ、自分の頭で考えることがJA職員にとって大切」と助言した。

 

202001221 202001222
202001223 202001224
:: ホーム トピックス一覧 ◎新採用職員フォロー研修会(1/22)