青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム トピックス一覧 ◎小学校5年生向けの教材本を寄贈(3/24)

◎小学校5年生向けの教材本を寄贈(3/24)

    

 JA青森中央会とJAバンク青森は3月24日、青森市の県教育委員会を訪れ、小学校5年生向けの教材本を寄贈した。県内の農林水産団体などが食農教育用に編集・発行する「いのちはぐくむあおもりの農林水産業」と、JAバンク発行の「農業とわたしたちのくらし」の2種類で、4月上旬までに県内の全小学校と特別支援学校などへ、それぞれ約1万500部を配布する。
 JA青森中央会の小山主税常務(写真:右)は「JAグループはこれからも青森県の基幹産業である農林水産業を中心に、次代を担う児童の皆さんを色んな面からサポートして参りたいと考えている。教材本を児童の育成に役立てていただきたい」とあいさつし、農林中央金庫青森支店の錠理一支店長(写真:左)と共に、県教育委員会学校教育課の長内修吾課長(写真:中央)に教材本を手渡した。
 長内課長は「故郷に愛着を持ち、小さい頃から地域の様々なことについて理解を深めること、特に食や農業についてしっかりと理解をすることがとても重要だと考えている。この学習教材を有意義に活用させていただきたい」とお礼を述べた。
 教材本の贈呈は「食と農業」「環境と農業」への理解促進の一助となるよう、JA青森中央会は1992年度から、JAバンク青森は2008年度から行っている。

20200324
:: ホーム トピックス一覧 ◎小学校5年生向けの教材本を寄贈(3/24)