青森県農業協同組合中央会

  • 文字サイズ変更:
  • 拡大
  • 標準
  • 縮小
ホーム

平成28年熊本地震により被災された皆様へ

このたび、平成28年熊本地震により被災された皆様には、心よりお見舞い申しあげます。

JAグループ青森では、被災地の復興の一助となるべく募金活動等の支援に取り組んで参ります。

 

トピックス

◎日本農業新聞青森県大会並びに農政セミナー(7/18)

   

 JA青森中央会と青森県農協農政対策委員会は7月18日、青森市の青森県総合社会教育センターで平成29年度日本農業新聞青森県大会並びに農政セミナーを開いた。JAや県連合会のほか県生活協同組合連合会から約300人が出席。日本農業新聞を活用した情報共有により、県内のJA組合員、役職員の意思統一を図っていく。
 JA青森中央会の阿保直延会長(写真 左上)は「情報の共有と主張の発信という2つ面を互いに活かすことが日本農業新聞を普及する目的であり、その目的を確認することが本大会の意義である」とあいさつした。
 日本農業新聞青森県大会では、日本農業新聞吉田聡常務取締役(写真 右上)が情勢報告を行った。JA青森中央会の成田高常務理事が都道府県別・県内JA別の普及状況や、2017年度の普及方針について説明。普及目標部数の達成に向けてJA役職員購読運動の他、関係機関・団体への普及活動をしていくとした。
 また、農業新聞の普及・活用を拡大するための申し合わせをJA青森中央会の竹ケ原幸光副会長(写真 右中)が読み上げ、満場一致で採択した。
 農政セミナーでは国際ジャーナリストの堤未果さん(写真 右下)が「報道されないアメリカの真実と守るべき日本の宝」と題し、講演をした。

 

201707181 201707182
201707183 201707184
301707185 201707186
 
:: ホーム